車 査定



自動車保険 世界の請求理由

[英国] イギリスの保険会社が、昨年寄せられた自動車保険に関する保険金支払いの「請求理由」の中で、最も奇妙なものトップ10を発表した。「凍ったリスが落ちてきた」という理由から、「牛が飛び乗ってきた」などというものまで多種多様な内容となっている。

被害発生の理由として、一番多いのは「動物に関するもの」で、その次に「食べ物が関係する理由」が多いという。

英国大手保険会社の一つ、『ノーウィッチ・ユニオン』のサリー・リーマンさんは、「ほんとに奇妙な理由がたくさんありました。しかし、これだけ動物や食べ物に関する理由が多いのには驚きました」と話している。

自動車保険の奇妙な請求理由トップ10は以下のように決定した。

※ その1
「凍ったリスが木から落っこちてきて、助手席側のフロントガラスを突き破ったんだよ」

※ その2
「停めてた車のボンネットにトナカイが飛び乗ったんだ」

※ その3
「カーブを曲がっているときに、助手席のドアが開いてしまって……それで冷凍ケバブが飛び出てしまったの。それが他の車に当たってしまったのよ」

※ その4
「牛の群れが私の車を舐め始めたのです。だから塗装が剥げてしまったのです」

※ その5
「サファリパークを走行中に、シマウマがぶつかってきたんです」

※ その6
「信号待ちしていたら、ハチがズボンの中に入ってきたんだ。刺されて『イタッ』っと思った瞬間にアクセルを踏んじゃってね。前の車にぶつかっちゃったというわけさ」

※ その7
「じゃがいもがブレーキペダルの下に挟まっていたので、止まれませんでした」

※ その8
「農芸展覧会にいた牛が逃げ出して、停めてあった僕の車にぶつかったんです」

※ その9
「俺の車に牛が飛び乗ってきたんだよ」

※ その10
「車が丘に差し掛かったときだったんですが、道の真ん中にいた牛にぶつかってしまったのです。牛はボンネットに激突したのですが、そのあと牛のお尻がフロントガラスにあたって……だからフロントガラスが粉々に割れてしまったのです」

http://wiredvision.jp/news/200805/2008051523-trackback.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。