車 査定



車を高く売る方法 個人売買

車を高く売る方法のうち一番効率のいい方法はなんと言ってもやはり車の個人売買でしょう。個人売買の一番大きいメリットは車の査定額を大きく上回る事ができる点でしょう。しかしその分デメリットも多く、まず車の個人売買をするにあたって、車を買ってくれる人を探し、さらには車の売買代金の回収や車の名義変更等、全て自己責任で行わなければいけない点でしょう。個人売買仲介業者などに頼るのも一つの手かもしれませんが、やはり車を高く売る以上は手数料がもったいないので手元に入る金額を少なくしたくないのであれば自分で車の個人売買の流れを把握し、全て自分で車の個人売買を行っていくべきでしょう。ただ買い手側の心理としては少しでも安く車を買いたいと思うのが本音だし、事故歴やメーター改ざんなどの不安もあるでしょうからその不安を取り除いてあげれるように車の状態を最高にしておくのも大事な作業の一つでしょう。車の個人売買はまず買ってくれる人を見つけ、状態を確認してもらう。そして車の値段交渉、売買代金を支払ってもらう、その後引き取ってもらい、最後に車の名義変更をする…という流れになります。ちなみに車の名義変更は業者にお願いすると30000円かかってしまいますが、自分で全て手続きしてしまえば3000円程度で納まります。(法定費用のみ)ちなみに車の名義変更において必要な物は車庫証明(自動車保管場所証明)、印鑑証明書
譲渡証明書、委任状、車検証(自動車検査証)、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、移転登録申請書(OCRシート第2号様式)、自動車税・自動車取得税申告書です。車の名義変更の方法は次回説明して行きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。