車 査定



車を売る営業担当者との相性も安く買うための重要な要素

基本営業というものは物よりも自分を売りこみ、信頼される事が一番売り上げに繋がるコツだと教育されてます。それは車に限った話ではありません。お客から信頼されることを第一に考えているわけです。しかしやはり相手も人間、お客さんとの相性の良し悪しがあるでしょう。車種別の担当が決まっていない場合は、ある程度、客の方から担当者を選ぶことができます。何度も足を運んでみて何人かのディーラーに声をかけてみましょう。言い方は悪いですがそこで人を見極め、一番言いたいことが言えそうだと感じた担当者を交渉相手にします。おそらくそう思えたらきっと営業担当者選びは間違ってないかと思われます。車種別に担当者が決まっている場合は、相手を選ぶ余地はありません。その時はやむをえないので強気、弱気、短気かじっくり型かなど、相手の性格を読みながら交渉を進める事が一番重要になってくるでしょう。担当者が何となく苦手なタイプのときは、知り合いに助けを求める事も必要になってくるかもしれません。それでも、どうしても相手の雰囲気に飲まれそうな時は別のディーラーも検討するべきでしょう。苦手意識のある相手との交渉はあまりうまくいかないもので…最悪の結末もありえます。
ここでは車庫証明(自動車保管場所証明書)の取り方を紹介します。申請と受け取りで最低2回は警察署へ足を運ばなければなりませんので効率よく進めるためにも今書いてある事をしっかり覚えておいて下さい。決して難しくはありません、簡単ですので手数料節約の為にもトライしてみましょう!次に車庫証明について、車庫証明を取るには、車庫(駐車場)が自宅から直線距離で2Km以内にあることが大前提になります。2Kmを越えると車庫証明が取れなくなってしまうので注意しましょう。申請に必要な書類は自動車保管場所証明申請書、車庫の所在地、配置図を記入する用紙、保管場所使用承諾書、自認書、以上の4種類です保管場所使用承諾書は、駐車場を賃貸する場合に用意します。自認書は、自宅車庫の場合に用意します。書類の一式は警察署や販売店で入手できます。自動車保管場所証明申請書、車庫の所在地、配置図を記入する用紙、自認書の書類は、自分で必要事項を記入します。自動車保管場所証明申請書には、自宅と車庫の住所のほかに購入する車の寸法や形式、車体番号なども記入しなければいけないので前もって調べておきましょう。車庫の所在図には自宅と車庫の位置関係や直線距離を記入します。付近にある駅や交差点名などの目印も記入します。綺麗に書く事を心がけるようにしましょうね。車庫の配置図は、自分の駐車場の寸法や駐車場のどこに位置するのかを図で書きます。周辺道路や出入り口の幅も記入します。保管場所使用承諾書は、車庫の所有者や車庫の管理会社に記入してもらいます。管理会社によっては、手数料としてお金が掛かる場合があります。しかし車庫の賃貸契約書のコピーと、車庫代の支払いを示すものを添付する事で、保管場所使用承諾書の代用に出来る県もあります。これらの書類一式を警察署に提出すれば、約1週間程度で車庫証明が発行されます。地域によって違いがありますが、費用は印紙代など2500円前後かかります。申請から発行までの間は警察が車庫の確認に来ますので、車庫は空けておきましょう。車買い替えの為など、車庫に車がある場合は申請するときにその旨伝えましょう。ディーラーで新車を購入して自分で車庫証明を取る場合は、わからない事があれば遠慮せずに営業マンに聞けば教えてくれます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。